ファクタリングで運転資金は安定化していきます

企業経営を続けていく上で運転資金は重要になってきます。

最近は不況の影響で思うような業績が上がらず、運転資金が枯渇する経営者の方も珍しくは無くなっています。新規の追加融資を銀行等の金融機関へ依頼をするにしても、事業状況が芳しく無くては融資の依頼をするのも難しいのが実情です。自社に担保として提供が出来るような物件があれば別ですが、多くの中小企業ではそのような資産を保有していないのも実情でしょう。

ファクタリングであれば金融機関への借入ではありませんので即座に運転資金を手に入れることが可能になります。売掛金のファクタリングですからバランスシート上もすっきりしていきます。買掛金の支払いが滞ったり、税金の滞納が発生しているような状況でもファクタリングであれば運転資金の調達を行うことが可能となっていきます。運転資金が枯渇しているとは言っても、経営は存続して行かなくてはいけませんし、従業員への給与も支払わなくてはいけません。経営状況が悪いからと従業員への支払いを怠ると、会社全体の指揮が低下していきます。

ファクタリングに悪い印象を持つ経営者の方が多いのも事実ではありますが、あくまでも売掛金の前倒しとして考えればおかしくは無いはずです。ファクタリングを行うに際しての割引率も1割程度のものです。最近は不況の影響により売掛債権の支払いサイトも長期化している傾向があるのは否めません。半年後先の入金より、今の運転資金を検討していくことが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *