ファクタリングを利用するメリットとデメリット

病院を経営する上で重要な事は適切な医療行為を行うことですが、同時に大切なのが適切な資金の運用を行う事です。

資金の運用が適切に行われないと医療を行うために必要な設備を導入することが出来ないほか、医師や看護師に給与を支払うことが出来ないため医療行為が継続できない危機的な状況に陥ってしまう事にもなりかねません。しかし、日本の医療制度に於いては診療費用の殆どが健康保険に於いてまかなわれており、そのお金が診療の2か月後に支払われることが一般的なため、その間の資金繰りに苦慮している病院が多いのです。ファクタリングを利用することで保険分の診療の報酬を先に受け取ることが出来、資金繰りが有利になるという利点があります。

その為病院経営に於ける資金のやり繰りがスムーズになるほか、安心して医師や看護師の雇用ができるというメリットがあります。しかし、ファクタリングは2か月後に受け取る筈の保険分の診療報酬を先に受け取ることになるため、2か月後の報酬がその分なくなってしまうという問題があります。

報酬を早く受け取ってしまうことで2か月後の資金繰りに大きな問題が発生してしまう可能性が起きるため、その時の資金についても十分に考慮して利用することが重要になります。

ファクタリングは診療報酬の前借りであるということを意識して、先々の資金繰りについても意識した上で利用することが重要です。常に先々の資金繰りを意識し、計画的に利用することがファクタリングを上手に利用する秘訣です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *