事業資金の確保と売掛債権

継続した売り上げがあるのにも関わらず、黒字のまま倒産してしまう会社もあります。

それは仕事を納めて取引先から入金がある前に支払いが続いてしまい、資金がショートしてしまう場合です。

従業員への支払いや借り入れがある場合は金融機関への返済、地代家賃、光熱費など、事業を続けていくためには定期的な支払いをこなしていかなくてはなりません。

黒字倒産を避けるためには必要になる事業資金を確保していく必要があります。取引先からの入金がすぐにあるのであれば待つこともできますが、数か月先になってしまうと資金が尽きてしまう危険性も出てきます。

そこで利用したいのが、こうした入金待ちの資産を担保とした借り入れや、債権そのものを譲渡することです。

債権の譲渡はファクタリングと呼ばれますが、これは借入ではありませんので帳簿上も負債になることはありません。

負債が膨れると金融機関が貸し渋りをしてくることもあるため、金融機関からの評価が気になる場合は借入ではなく譲渡を選んだほうが良いでしょう。

ファクタリングで事業資金を確保した場合、手数料や契約に関わる収入印紙の用意など、コストも発生します。コストは債権譲渡損として経費にすることができます。

債権の一部を換金することも可能なので、手数料での損を極力抑えるため、必要な事業資金分のみファクタリングを利用すると良いでしょう。

ファクタリングでは取引先も交えて行う3社間のものと、取引先に通知せずに利用できる2社間のものがあります。

2社間のものは取引先に資金繰りに困っていることがわかりませんが、3社間と比べて手数料も高くなるので注意が必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *