事業資金の借り先はどこがいいか

事業資金を借りるとき、急いでいる、または確実に借りたい場合はノンバンクのビジネスローンが適しています。

銀行よりも必要な書類が少ないことが多く、審査も緩くなっているため、赤字や税金の未払いがあっても借りられるのが特徴です。金利は高いので、事業がない場合は優先する必要はありません。

多少は時間がある、経営状況が良いので審査に不安がない場合は銀行から事業資金を借りた方が低金利になります。

1か月以上の時間がある場合は日本政策金融公庫の公的融資で事業資金を借りるのが最も適切です。

税金の未払いや支払いの遅延などがあると審査に影響して借りられない場合がありますが、営利目的の組織ではないため、民間の借り入れよりも審査自体は厳しくないです。

低金利で返済期間も長いのが特徴ですが、結果が出るのに1か月近くかかってしまうので、審査に落ちた場合に他の金融機関に申し込みを行うことを考慮すると、時間がかかることが問題点になります。

一時的に事業資金が不足していても、未払いの売掛債権が回収されれば問題ない状況であれば、これを担保にして融資を受けても良いでしょう。

自社と売掛先の信用性が確認されますが、担保や保証人が不要なビジネスローンと比べて高額の借り入れを受けたいときに適しています。

なお、売掛債権に譲渡を禁止する特定が付いているとそのまま使うことができず、売掛先に連絡して許可を得ることになるので知られてしまう場合があるので注意が必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *