公的融資で事業資金を借りるのは難しいか

事業資金を借りる方法に日本政策金融公庫の公的融資がありますが、審査の難易度の観点では民間の金融機関から借りるよりも低いです。

営利目的の融資ではないため、事業の計画性をしっかりと説明でき、面談の際に節度を守って不快な印象を与える横柄な態度を取らないなど注意していれば、借りることは難しくありません。

数多くの融資があるため、その中で最適なものに申し込めば、通る可能性が高くなります。審査が厳しくない公的融資があるのに、民間のビジネスローンが存在している理由には、対処できないケースが存在するからです。

問題となる点に税金の滞納があり、これは公的融資だけでなく銀行でもほぼ通らなくなる状態ですが、ノンバンクでは借りられることがあります。審査結果が出るまでの時間が長いこともデメリットです。

事業資金をすぐに確保しなければならない状況では借りることができないので、ビジネスローンで対応します。

公的融資では、申し込み者に個人信用情報機関に返済の遅延などの記録が残っていても、それだけで事業資金が借りられなくなるわけではない点も民間の金融機関よりも難易度が低いとされる理由になりますが、影響はあるので希望した金額を減額されることが多いです。

公的融資は非常に条件が良いので、税金の滞納をしている、または必要な期限までに借りられないなどの事業がない場合には、最優先で利用を検討した方が返済の負担を抑えられるので良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *