事業資金を借りる方法には何がある

事業資金を借りる際に、保証人や担保を使わないことを希望するのであればビジネスローンを利用できます。

銀行やノンバンクで行われている、事業目的に利用できるローンです。銀行には金利が低いものがありますが、ノンバンクはカードローンと金利にほとんど差はありません。

利息を減らすには銀行から借りた方が良いですが、書類の数が多く、審査は厳しいです。時間もかかってしまうので、急ぐ場合はノンバンクの方が借りやすいです。

担保を使う場合、一時的な事業資金の不足に対処するときは売掛債権を利用できます。

この方法で借りるときは、自社だけでなく売掛先の信用も問われることに注意が必要です。

また、必要な金額が借りられない場合もあります。売掛先が倒産すれば回収できなくなるため、その会社の規模で評価額が変わります。大企業であれば高くなり、中小であれば低くなるのが特徴です。

売掛債権は回収されるまでの期間が短いので、長期的な返済ができません。高額の借り入れを長期的に返していきたい場合、不動産を所有していればこれを担保にして事業資金を借りることができます。

日本政策金融公庫が行っている公的融資を利用しても良いでしょう。事業計画を説明できれば審査はそれほど厳しいものではなく、金利もかなり低いので最初に試すと良い融資です。

ただし、計画に不備があれば審査には通らず、結果が出るまでの時間も1か月程度はかかってしまうので、急いでいるときはビジネスローンなどで対応します。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *