事業資金はどのように調達するか

事業資金の調達方法は様々なものがありますが、低金利で借りられる公的融資を使うのが最適です。

申し込んでから結果が出るまでに時間がかかり、相手が納得できるように事業計画の説明をするなどの手間がかかるので、急いでいるときに借りることはできませんが、銀行や消費者金融よりも有利になるメリットもあります。

公的融資で事業資金を調達する場合、非営利団体から借りることが大きな特徴です。

審査は簡単ではないですが、事業の促進が目的なので、低金利になるだけでなく、銀行などで審査に落ちる場合でも利用条件を満たしていれば借りられる可能性があります。

公的融資と言っても用途に応じて数多くの種類があり、開業資金や事業実績のない企業、信用を得られない一度事業に失敗した人が再起するためのものや、業種に応じたものなどがあります。

公的融資が利用できなかった場合に銀行や消費者金融のビジネスローンや担保融資を使って事業資金を調達すると良いでしょう。銀行も審査には時間がかかるので、お金が必要になる時期よりも早めに申し込む必要があります。

消費者金融は金利は高いものの、結果が出るのが早いので緊急のときに対応できるので利便性は高いです。

売掛金の支払期限まで時間があり、一時的に事業資金が不足している場合には、売掛債権を担保にしたり、売却して前倒しで現金を手にする方法もあります。

日本では悪いイメージを持たれることがありますが、国が利用を勧めている売掛債権の活用法です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *