ノンバンクと銀行との相違点とは

銀行がバンクと言われますが、ノンバンクは否定を意味する頭文字が付くことで銀行ではない金融会社のことをそう呼ばれます。

銀行取引は、幅広い顧客から預け入れをして貰い、その預け入れたお金を企業といった事業者などに融資を行います。銀行取引は預け入れを行う受信業務と融資などの貸し出す与信業務の二つから成り立つ形になります。

ノンバンクでは融資といった貸し出しを専門に行う金融会社で、与信業務のみで受信業務が存在しない点が銀行と大きく相違します。なお他にノンバンクが銀行と違う点には、年収の3分の1までしか貸してはいけないとする総量規制の適用を受ける点があります。

これは銀行では総量規制が存在しないため、年収の3分の1までを上限とすることはありません。さらに総量規制の適用を受けるため、主婦や学生などの定期収入が存在しない方の利用はできない点も存在します。

他にもノンバンクの方が審査基準が緩い分だけ、金利が高くなる傾向もあるため、借りた方の金利負担も大きくなります。なおノンバンクの優れた点は、借り入れ方法や返済方法も簡単でコンビニや提携金融機関などで自由に借り入れや返済することも可能です。

借り入れた方の返済を考慮した分だけで利便性に優れている点もメリットで、融資までの時間が短縮できる点でも優れています。

他にも赤字や税金を滞納している場合などの他、過去に金融事故を起こしていても借り入れができる場合も存在します。

銀行よりも審査基準が緩く、しかも融資を決定するまでの時間も短いメリットもあるため、資金を融通したい方に利用されることも多いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *