ノンバンクには銀行系も含まれている

ノンバンクと言えば消費者金融と言われるほどですが、預金業務をしていない金融機関全般を指しています。

信販会社やクレジットカード会社も含めることが多いですし、銀行系の業者も該当しています。銀行系の金融機関の特徴として、銀行と資金提携していることがありますが、正確には銀行の傘下になっているケースがほとんどです。

銀行に吸収合併された形式が多く、銀行ローンと思われがちですが正確には消費者金融に分類されています。銀行系ローンはノンバンクのため、消費者金融の性質がそのまま残っていると考えてよいです。

例えば実質年率や融資限度額は銀行よりも消費者金融に近く、総量規制の対象になるのが特徴です。銀行は年収の3分の1を超えて借りることができますが、銀行系は借りられません。

他のノンバンクと同様に年収の3分の1以内で融資額が決定されるわけです。消費者金融から借り入れできないという理由で銀行系に申し込んでも、追加融資を受けられない可能性があるので注意してください。

ノンバンクの実質年率は18.0%が上限となることが多く、最高金利でも20.0%になります。これを超えることはないので、金利計算をするときは楽でしょう。昔のノンバンクと言えば20%を優に超える金利が当たり前でしたが、今は利息制限法によって上限は20.0%とされています。

かつてはグレーゾーン金利が認められていましたが、今はグレーゾーンは廃止されているので金利面でお得になりました。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *