ノンバンクを上手く利用するためには

銀行以外の金融機関を平たくノンバンクと言います。

一昔前であれば、ノンバンクというフレーズはあまり良い響きではありませんでした。貸金業法が現在のように改正される前は金利が高いというイメージやそれにより多重債務化となるようなイメージがありました。

2010年までは出資法の上限金利29.2%と利息制限法の上限金利の20.0%との間に存在したグレーゾーン金利で貸し出すノンバンクが多かったのですが、現在は利息制限法の上限金利を超える金利水準で貸し出しをした貸金業者は重い処分が科せられます。

また、年収の三分の一を超える新規貸し出しを規制する総量規制が行われ、無理のない融資を実行し、多重債務化を防ぐような金融庁の指導がされています。

総量規制をすることは、貸金業者への指導と共に、利用者への借り過ぎの注意も促しています。お金は簡単には儲からず、それでありながらいくらでも簡単に使えるものです。逆に言えば、使うのは簡単でも稼ぐのは難しいです。

生活の中には予期せぬ出費があります。どうしても必要な時にすぐに用意できないお金を借りることで、生活に金融を便利なものとして利用することが良いのでしょう。

先に返済を見込める収入があれば、計画的に融資を受けることで豊かに過ごすことができます。

返すことを考えず、使うことのみを考えていれば必ず返済が苦しくなります。ノンバンクの中には一定期間金利優遇や利用実績に応じてポイント付加やキャッシュバックを行う業者もあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *