ノンバンクは預金業務を行わない民間の貸金業者

ノンバンクとは、預金業務を行わない民間の貸金業者です。

つまり、与信業務のみを行っています。違いは他にもいろいろあり、消費者に関係することであれば総量規制の対象かどうかの違いがあります。総量規制は貸金業者にのみ適用されるもので、銀行は適用外ですがノンバンクには適用されます。

また、カードローンサービスでは、銀行は審査が厳しい分金利が低く設定されていますが、ノンバンクはその逆で、審査が緩い分金利が高く設定されています。

融資までの時間は、銀行よりも早くスピーディーであるなど、利便性の高さはありますが、金利が高いのがネックであるため、借りすぎには注意が必要です。現に、総量規制が導入されるようになったきっかけは、借りやすいことが原因で借りすぎて生活が困難になる人が多かったという背景があります。

現在は総量規制の影響で一定限度の歯止めがかかっていますが、それでも総量規制ぎりぎりのラインでも生活は苦しくなってしまう方も少なくありません。したがって、計画的な利用が必要になるでしょう。

他にもノンバンクの一種としては、法人のみを対象としている商工ローンがあります。こちらもおおむね個人向けの消費者金融や信販会社と同じように、借りやすい分金利が高いという特徴があります。

元々銀行融資が受けられなかった場合に利用する経口にありますので、返済が滞ってしまうリスクを抱えているため、こちらも無理な融資を受けることは避けなければなりません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *