ノンバンクは消費者に対して融資してくれる

ノンバンクという会社は消費者をターゲットにした金融機関で、代表格には消費者金融があります。

預金業務は行なっていないのが特徴で、貸金業を主業としています。融資をすることだけが目的のため、銀行や信用金庫などより貸付条件はよくなっているわけです。

審査のハードルを低く設定している、即日の融資に対応してくれるなどの特徴があります。現在もノンバンクの主力は消費者金融であり、キャッシングやカードローンのシェア第一位を誇っています。

消費者金融よりもやや低金利で貸付しているのが信販会社ですが、審査はやや厳格なのが特徴です。街金や学生ローンなどは消費者金融に属しており、上限を50万円程度とする少額融資を得意としています。

ノンバンクの特徴として総量規制があり、年収の3分の1までしか借りることができません。それ以上を借り入れする場合は、銀行や信用金庫などを利用することになります。

ただしノンバンクにおいても目的が明確になったローンの場合は総量規制の対象にならないのが普通です。ノンバンクで最も低金利なローンはフリーローンであり、カードが発行されないのが特徴です。

カードがないと借りすぎに至りにくいため、返済が延滞するリスクは低くなります。金利も低く設定されたものが多いですが、利便性はカードタイプには負けます。

緊急時にカードで手軽に借り入れしたい方には不便かもしれませんが、カードがあると借りすぎが心配という方には適しているでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *